So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

ブラジルの空

      

         ブラジル アマゾン川より愛を込めて
            Brazil Rio Amazonas

 

     ブラジルの空を最初から読むクリック


ぼくのさんぽ道

  

ぼくは掃除中ココに入るんだ。そうすると散歩したくなるんだ。

    

誰もいないか確認して

  

ほっよっへっ

   

ここまでこれたら後はうまく着地するだけだ

        

まるまりながら落ちるとあまりいたくないんだ

   

覗いてみたり

   

空のにおいを嗅いだり

   

ばれたり

  

戻されたり

 これがぼくのさんぽ道なんだ


nice!(26)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

obrigado

お世話になっている方や賛同してくれた方たちのホームページを集めました。とても皆様には感謝しておりまた、私の力になります。

リンク集どうぞご堪能あれ!

            

 

 

続きを読む


愛知万博 ブラジルアグロフォレストリー

アグロフォレストリー   【英】Agro-Forestry   [同義] 農林複合経営   

続きを読む


最後の最後までブラジル 37話

飛行機の出発の時間が近づいてくる。みんなが空港まで見送りに来てくれた。オレが本屋で本を買おうとしたらちょうどブラジルの金が無かったので換金してこようとしたらおじさんがブラジルの金なんて日本に残して行くな!また、いつ来るかわからないんだろう?とお金を手渡してくれた。家族、親友、なんていうんだろう?このご恩は必ず返しに行きます。最後の最後までみんなに甘えてブラジルに甘えて・・・

続きを読む


腹痛入院事件 36話

ただいまーみんな帰ってきたよー・・・

続きを読む


サンパウロ再び 35話

懐かしいなー空港に到着した。懐かしく思えるこの都市サンパウロ・・・

続きを読む


カセットテープ 34話

カセットテープを買った・・・

続きを読む


ばいばい 33話

うん。最高に楽しかったな。また絶対来てみよう!さあそろそろオレの旅の期限も切れる頃だ・・・

続きを読む


小さな小さな命 32話

 立ち止まってください。

     

    

 動物保護団体ワールドパロットトラストは1989年イギリスのパラダイスパークにて創設されました。

オウム、インコの保護基金は現在までに$2,000,000にもなり、これは保護、福祉などの活動のために20の国々で使われ、種の数としては37種にも及びます。


このような広範囲にわたる活動にもかかわらず、WPTは4人のスタッフを除き、すべてボランティアによって支えられています。コストを抑えたアプローチが可能なのはかなりの経済的、人事的のサポートをWPTのホームベースであるパラダイスパークから得ているためです。


WPTの目的は、オウム、インコ種の存続、そして個々のオウム、インコの福祉を促進することです。これらの目的を達成するために、現地での保護活動、研究プロジェクト、そして教育プログラムの資金援助をしています。その上、WPTは鳥類飼養の基準向上を推進しています。

生物の多様性を失ってしまうという危機に直面しているオウムやインコを助けたいと思われる方は是非ホームページをご覧下さい。  http://www.worldparrottrustjapan.org/index.htm

 

写真:         

輸送されるために約1.5x2.0mの箱に100羽から150羽のヨウムが詰め込まれる。

        

                                                                                                                                                       

写真:

捕獲者が捕まえたヨウムをわなからはずしているところ。1995から1999年の間に合計175000羽の野生ヨウムが合法的に輸出された。 

         

                                     

写真:

ブラジルに生息するアオボウシインコのヒナが貿易の輸送のためカゴに詰め込まれる。 野鳥貿易の輸送状況は決して良くはなく、死亡率は40-75%にも上る。個体群の数の減少だけでなく、その死亡率の高さから、残酷さも指摘されている。

            

存続をおびやかされているほとんどの動物の個体数減少の一番の原因はペットとしての野生オウム類の捕獲です。


このような結果から見ても、今後もっと早い対策と現場での保護活動、そしてみなさんが署名してくれた紙と熱い思いを政府に提出することにより多くの鳥達が幸せで暮らせる事、また、ペットとしていまかわいがられている多くの動物達の影では数え切れないほどの動物達の死がありそれを知って考えるだけでもこれから先大きな進歩につながると考えます。      

           写真提供:WPT

       

 http://www.worldparrottrustjapan.org/index.htm

        
  


ワルガキ 31話

パンタールを馬で回る事になった。ガイドの人にそんなカッコじゃ危ないと言われたがもちろんおかまなし、裸足にハーフパンツ。気分はターザンだね・・・

続きを読む


準備 30話

朝食を済ませてパンタナールに行く準備をしていた・・・

続きを読む


夜の町クイアバ 29話

                  

おし!クイアバにやっと着いたぜ!ココでは日系の方でアイスクリーム工場を営んでいらっしゃる方の家に泊まらせていただくことになっていた

続きを読む


旅のお供にクリーミフェネルガン  28話

   やべ!腹がいてえ、船の中の食事であたったのか・・・

続きを読む


ハイ・チーズ 27話

   やっと着いたーあーアブねーあー疲れた・・・

続きを読む


福 26話

6日目の朝・・・

続きを読む


うそつき野郎! 25話

オレは子供が好きだ。自分の子供の頃を思い出しても、なんか見えないものが見えている感覚や視覚、自分の世界に入るのがうまくて、素直だ。ブラジルの子にはよく舐められたなー

続きを読む


タトゥーの男 24話

    

夜、6時マナウス港の外れからの出発・・・

続きを読む


前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。